お墓の豆知識

お墓とは

お墓とは,ご先祖の霊をまつる所であり、その家であり、また家族の象徴ともいえます。

そして、過去・現在・未来と一貫として営み続けていく証がお墓なのです。

お墓にお参りすることは、併せて子孫の平安を願うことであると思います。

 

お墓の基本的な構成

お墓は、石塔や納骨棺、区画を周囲から仕切る外柵といった基本的な構成と、様々な形と意味を持つ付属品から成り立っております。

①石碑 ②丸スリン ③上台 ④中台 ⑤芝台

⑥拝石 ⑦五輪塔 ⑧蓮花 ⑨返花 ⑩水鉢

⑪花立 ⑫香炉 ⑬敷石 ⑭墓誌 ⑮墓前灯篭

⑯階段 ⑰羽目 ⑱腰石 ⑲均

⑳擬宝株付小柱

 

※名所は関東での一例を用いています。


墓石・外柵設置までのあらまし

カラー

お墓は、石塔や骨棺、区画を周囲から仕切るといった基本的な構成と、様々な形と意味を持つ付属品から成り立っています。


お墓のかたち

お墓のかたちは様々です。大きく分けて、和型墓石(仏式と神式)・洋型墓石・ 特殊型(五輪塔と宝篋印塔)・デザイン墓石の4種類にわけられます。

和型墓石

・最も標準的なお墓で、起源は江戸時代からと言われています。

洋型墓石

・公園墓地や芝生墓地に行くと見かける横幅のモダンな墓石です。

特殊型墓石

・江戸時代より前から多く用いられていた形。

・現在では供養塔として用いられる事が多い。

デザイン墓石

・施主の個性や想いを形によって表現されお墓です。